< 相続や税に悩んだら税理士へ【プロ依頼がスムーズの解決に繋がる】|Professional

相続は税理士に任せて安心【税のプロフェッショナルを頼ろう】

法律書

相続に関することは税理士に相談しよう

相続が発生した場合や、相続に関する相談は、税理士や弁護士や司法書士に依頼する人が多いのですが、どこに依頼すれば一番良いのでしょうか。相続について依頼する場合、それぞれに長所があります。例えば、弁護士は、相続でもめてしまった時のことを考えると最適です。また、司法書士は、不動産の相続の専門家です。しかし、相続の税金に関することであれば、税理士が最適です。

六法全書

税理士探しの際に押さえておくべきポイント

普段から税理士と付き合いのある富裕層の人なら、普段から顧問税理士がいる人も多いため簡単に依頼できるのかもしれません。しかし、大抵の人は、相続のために一から税理士を探す必要があります。
この時におさえておくべきポイントですが、今まで手掛けてきた実績が大切です。実績が豊富であれば、安心してまかせることができます。実績などは、インターネットで調べることができます。

ジャッジガベル

相続に関して税理士に相談するタイミング

相談に関する相談を税理士にする場合、できるだけ早い時期に相談をする必要があります。なぜなら、相続税の申告や納付には期限があり、期限を過ぎた場合は延滞税や加算税がかかるからです。相続は簡単なことではないため、いろいろと揉める可能性もあります。そのため、できるのであるのならば相続が発生する前のうちに、税理士に相談することが一番良いでしょう。

川越での相続手続きをプロに相談☆

税理士に依頼できる内容

男性

相続税などの税務に関する相談

税理士は税の専門家です。そのため、一般的に税金に関する相談であればどの税金でも依頼することができます。特に、専門家でないと難しい相続税などについては、自分で解決することが難しいため税理士に依頼をすると良いでしょう。できれば相続に強い税理士に依頼できればなお良いでしょう。

決算書の作成や税務申告

会社は1年に1回決算を行い、年間の売り上げや利益を表すために貸借対照表や損益計算書を作成さなければなりません。また、個人であっても個人事業者は、1年に1回確定申告をしなければなりません。もちろん自分で作成しても良いのですが、税理士に依頼すればより正確なものができるのです。

税務申告の代理業務など

事業を行えば売り上げが発生して、利益を計上します。そして、1年間の業績を申告して、支払う税金が決まってくるのです。税理士の仕事として、納税者に代わって税務署などに申告や申請をすることができます。また、会社や個人事業者に税務調査が入った時は、代わりに対応することができます。

売り上げや仕入れなどの記帳業務

決算書や申告書を作成するのに、1年分まとめて作ることはとても大変です。まとめてやらなくても簡単に1年間の売り上げや仕入れなどを計算できるように、毎日の記帳業務が大切です。記帳業務も現在では簡単に自分でできるソフトウェアなどもありますが、税理士に依頼すると正確にできます。

大阪で相続を行なうなら専門家へ相談すべし!

大阪で残業代の請求は地元の弁護士へ☆

交通事故での示談解決ならこちら☆ 福岡で債務整理するならこちらへ♪

広告募集中