HOME>オススメ情報>交通事故の示談や過払い金は弁護士に任せるのが得策

交通事故の示談や過払い金は弁護士に任せるのが得策

説明

相談内容に応じて弁護士を選ぶ

弁護士の仕事は、いろいろな範囲におよんでいます。例えば、交通事故を起こしてしまった依頼者と被害者との間の示談の交渉をしたり、過払い金についての相談や交渉をしたりします。他にもいろいろな業務がありますが、大切なことは相談内容に応じて、その分野が得意な弁護士に依頼をすることです。また、依頼人が横浜に住んでいたら、横浜の弁護士を探すことも大切です。

こんな時は弁護士に相談した方がベスト!

ジャッジガベル

交通事故を起こしてしまった

例えば、交通事故を起こしてしまってケガをさせてしまった場合、相手との交渉はとても難しいものになります。被害状況にもよりますが、長い期間の治療が必要な場合や、後遺症が残る場合もあります。この場合、当人同士の話し合いでは示談に持っていくことは難しいため、第三者である弁護士に依頼すると示談に持っていきやすくなるのです。

債権者から過払い利息を取り戻す

貸金業法により、借入金額による最高金利が整備される前のいわゆるグレーゾーン金利なより、法外な利息を払っていた人も数多くいます。このような債権者が過払いしていた利息を、金融業者と交渉して取り戻すことも弁護士の仕事です。弁護士に依頼すれば、依頼料金はかかりますが過払い金が戻ってくる可能性が大きくなります。

離婚裁判など民事関係

弁護士に相談すると良い解決方法を見つけてもらえることの一つに、離婚相談などの民事関係があります。特に、離婚についての相談は、慰謝料や親権など難しい問題が山積みであり、場合によっては離婚裁判にまで発展することもあるかもしれません。少しでも有利に事を進めるためにも、弁護士を利用するのがベストです。